20代でタクシードライバーになる人はどれくらいいる?

20代でタクシードライバーになる人はどれくらいいる?

タクシーの運転手として働きたい20代の人は、多くのニーズがあるので、求人情報のチェックから入ってみましょう。若い人はかなり重宝される業界なので、やるからには、自信を持って就職活動を展開しておきたいところです。

経験がなくても問題なくチャレンジできる

タクシー運転手の業界は、未経験者も快く受け入れてくれるところが多いです。例えば20代で、今まで運転手として経験がなかったとしても、研修制度を設けている場合もあるため、安心してノウハウを理解し、働き始めることができます。また、この業界は給料体系も実に様々で、歩合制がほとんどを占めると言えるでしょう。東京などは特に60%ほどが歩合で支払われることがあり、やる気とテクニックが求められます。ただ、稼ぐノウハウを理解すればそこまで難しい仕事ではないので、素直に現場の年配の方から話を聞き、アドバイスを参考にしつつ、働いてみるのがオススメです。

高年齢化が進んでいるこの業界では

記事のイメージ画像

ちなみに、タクシー業界は高年齢化が進んでいると言う事実があります。全国的に見たタクシー運転手の平均年齢は56歳前後なので、明らかに高齢化が進んでいると捉えられるでしょう。若返りを狙っている会社が多いため、だからこそ若手が求められるともとらえることができます。未経験者でも、普通免許第1種の経験が3年あれば、そこからすぐに2週間ほどの期間を経て、教習所で第2種免許が取得可能です。その免許を取得することによって、未経験者でもタクシードライバーとして現場に入っていくことができるでしょう。そこまできちんと会社側が導いてくれるので、経験がなくても安心して実践してみることをお勧めします。

若いうちから高い年収になっている人もいる

ちなみに、タクシー運転手の平均年収は、大体300万円程度です。ただ、これは全国的に見た平均年収で、東京だけで見ると非常に大きくなります。例えば、東京都内は歩合制のところも非常に多く、歩合の割合が大きいです。しかも回転率が多いので、場合によっては平均年収の倍稼ぐことも可能となります。しかも、入社してすぐの人が稼ぐケースも多いため、それこそ20代などの若手でも、やる価値は大いにあるはずです。東京の立地条件を理解しているなら、特に問題なく、スムーズに仕事に入っていけるでしょう。後は顧客をいかに集めるのか、そこがタクシー運転手としての腕の見せ所といえます。このノウハウだけは、いろいろな人に聞いたり、説明会に参加したりして、学ぶ必要があるはずです。地理的な知識も身につけておいた方が良いでしょう。

まとめ

タクシー運転手は、20代などが若い段階から、多くの年収を狙えます。非常に面白くてやりがいのある仕事です。若いなら採用確率も高く、重宝されるため、これから転職などを考えている人は、自信を持って活動を展開させてみましょう。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像