タクシー転職の面接内容とは

タクシー転職の面接内容とは

タクシー会社で働きたい場合は、まずは面接を受け、それを通過する事で晴れて運転手として仕事をする事が出来ます。もちろん客を乗せて車を運転する事になるので、適当な人をタクシー会社の方としても選ぶ事は出来ません。その為、面接では一般的な会社に就職する時とはまた違った内容を問われる事も多々あります。

面接対策として知っておきたい事

車を運転して収入を得る仕事の場合、その人が本当に安全運転が出来るかと言う事は凄く重要なポイントになってきます。その為、面接では過去に運転をしていて事故を起こしたことはないかとか、違反してしまったことはないかという事も問われます。もちろんそこで違反を過去にした事によって、違反点数が累積していると言う場合、点数が加算されると免停となる可能性も十分あります。免停になるともちろんその期間は車を運転する事が出来ない為、採用したとしても働く事は出来ない為、面接時にはマイナス要素とされてしまう事も少なくありません。ただ隠しておいても後から明らかになる事も少なくない為、事故歴、違反歴は正直に答えるようにします。

何で転職しようと思ったのかと言う事

今の時代、転職自体は決して珍しいと言う訳ではありません。しかしやはりどういった理由で転職する気になったのかと言う事は、どの企業でも問われる内容となっています。だからタクシー会社でも必ずと言っていいほどこの内容を問われています。ただ、人によってはかなりネガティブな理由での転職となってしまう事も決して少なくありません。もちろん正直に伝える事がとても大切ですが、選ぶ言葉によって、相手に対する印象は大きく変わるので、物の言い方には注意する事が重要です。従って、直接的な表現をするのではなく、言い換えてよりマイルドな形にする様に心がけます。ただそれでもどの様に言えば良いか分からないと言う時は、転職コンサルタント等に相談して言い方を考えるというのも一つの方法です。

既往症や服用している薬の有無について聞かれる事も

基本的にはタクシー会社では、面接後に健康診断を受け、その結果採用と言う形になるのですが、面接時にもその人自身の口から健康状態などを問う事は決して少なくありません。またその時は病気の事だけでなく、薬についても問われる形となっています。運転中に急に調子が悪くなってしまったり、薬の副作用で事故を起こしてしまうリスクを出来るだけ少なくする為です。その為、その病気の種類によっては内定が出ないと言う事も少なくありません。ただ、既往症がある場合、100%内定が出ないと言う訳でもないので、正直に答える事はとても重要です。その病気の治療中はどうしても内定を出してもらう事は出来なくても、完治している場合は内定が出る事もあるからです。

まとめ

タクシー会社の面接では、事故歴・違反歴・転職理由・既往症等について聞かれる事が多くなっています。これらをチェックすることによって、より安全に業務を遂行できるかどうかを判断する基準となるからです。従って基本的に多くのタクシー会社が面接時にこれらの内容を聞き、その返答によって採用されるかどうかが判断される事は少なくありません。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像