タクシー転職をする最大のメリットとは

タクシー転職をする最大のメリットとは

仕事に軸足を置いても、20代から30代なら自分の時間も大切にしたいと考えることは多いと思います。そして、その点を考慮に入れて転職先をお探しの方に人気なのが、タクシー業界です。それでは、この業界へ転職するとどんなメリットがあるのか、見ていきましょう。

第2種運転免許を取ってプロドライバーになろう

第1種運転免許を取って3年間を過ぎているなど、一定の条件を満たしていれば第2種運転免許の受験資格がありますから、誰にでもタクシードライバーへの門戸が開かれています。また、年齢層の受け入れ幅が総じて広いのも特徴です。例えば、タクシードライバーは40才でも若手と言われるほどですから、40才間近でも、年齢が転職でネックになりにくいのがメリットと言えます。さらに、多くのタクシー会社では社内教習などが用意されており、独自の研修体制でプロドライバーを育成するシステムが整っています。そのため、異業種からの転職が可能なのも嬉しいポイントです。

1日置きに休みが取れるから自分の時間を確保できる

記事のイメージ画像

タクシードライバーの勤務スタイルは何通りかありますが、その中でも隔日勤務はスタンダードな働き方です。これは1日勤務したら、翌日に明け番と呼ばれる休息時間がたっぷりと入り、事実上お休みになります。一般的な仕事では1日置きに休日を取るのは至難の業ですが、タクシードライバーならいともあっさり可能になるのです。月の勤務日数も概ね12日前後からとなりますので、これはかなり魅力的な数字と言えるでしょう。1日間隔で趣味や友人との遊びを満喫できるため、自分の時間を大切にしたい方にはピッタリな職業です。とにかくプライベートとの両立性に優れていますから、転職先として検討する価値が大きくあります。

1人で業務にあたれてガッツリ稼げる

勤務時間の殆どが単独業務ということも、タクシードライバーの外せないメリットです。同僚とデスクを並べて仕事をしたり、常に上司が居るという環境ではありませんから、人間関係で精神をすり減らしている人には、理想的な職業かもしれません。ですから自分1人でできる仕事に就きたいとお考えなら、タクシードライバーを視野に入れると良いでしょう。そして、収入に関しましても、積極的に働けばガッツリ稼げるのもタクシードライバーの強みです。普通の会社員以上に稼いでいるドライバーも沢山居る訳ですから、努力次第で年収アップが目指せるのは大きな利点です。

まとめ

隔日勤務で働けば、自分の時間を確保しやすいのが、タクシードライバーのメリットです。また、単独業務が基本ですから、人間関係で疲弊した方にも魅力的な転職先となります。そのうえ努力次第でガッツリ稼げることも、この職業の大きな利点と言って良いでしょう。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


PAGE TOP