タクシードライバーになるには最短でどれくらいかかる?

タクシードライバーになるには最短でどれくらいかかる?

仕事にも多くの種類がありますが、自動車が好きな人や運転の得意な人はドライバーとして活躍する人も多くなっています。タクシードライバーは特に人気の仕事ですが、プロのドライバーになるには最短でどれぐらいの期間が必要かも知っておきましょう。

タクシードライバーになるには二種免許の取得が必要

タクシードライバーになるには、まずは運転免許を取得しておく必要があります。それゆえ、免許を持っていない人はまずは取得しなくてはいけません。普通免許を取得したら、すぐにドライバーになれるのかということになりますが、その後は普通自動車第二種免許を取得する必要があります。二種免許は第一種免許を取得して3年が経過していることが大事ですので、一種免許を取得できても、最短でも3年は待つ必要があります。そして二種免許を取得できる年齢は21歳以上となっています。免許を持たない人がタクシードライバーになるにはそれなりの期間が必要ですが、すでに取得している人ならより短期間での活躍が期待できます。

二種免許の取得方法を確認しよう

すでに普通免許第一種免許を取得している人は、取得から3年が過ぎていれば二種免許を取得できますので、その取得方法も確認しておきましょう。二種免許の場合は取得方法は一種免許と同じです。独自に練習を行い運転免許試験場で技能試験を受けるという方法もありますし、公安委員で指定された自動車学校に通い決められた時間の教習や検定を受けて取得する方法もあります。二種免許を取得するためには費用も発生しますが、タクシー会社によっては取得のための費用を負担してくれるところもありますので、まずは情報をよく調べておくことがおすすめです。

入社後の研修期間はどれぐらいなのか

タクシー会社に就職したからといって、すぐにタクシードライバーとして活躍できるというわけではありません。入社後は研修を受けて運転の技術や接客マナーを身に付けていく必要があります。この研修の期間はタクシー会社により違いがありますが、最短でも20日程度は必要とされています。二種免許や地理試験に落ちるとより長い期間が必要となりますので、最短でドライバーになるためにも短期間での合格を目指したいところです。二種免許を取得するまでの期間は自動車学校に通う場合は10日程度、合宿で取得する場合は7~8日程度となっています。

まとめ

タクシードライバーとして活躍するためには、二種免許を取得しておく必要があります。さらにタクシー会社に入社後も研修を受ける必要がありますので、どのぐらいの期間で働くことができるのかは良く確かめておきましょう。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像