タクシードライバーの労働時間について

タクシードライバーの労働時間について

タクシードライバーは労働時間が長いと思っている人も多いでしょう。確かに365日24時間対応をしています。しかし勤務時間を自由に決められることもあるようです。それはどういうことなのでしょうか。調べてみました。

勤務時間ってどれくらいになっているのか

タクシーは夜中でも稼働をしています。終電を逃してしまった人など、タクシーがあれば何かと助かりますし、バスや電車の時間に左右されることもなく、自宅に帰ることができるので、必要な存在です。夜中でも稼働をしているということは、タクシードライバーの労働時間はどうなっているのでしょうか。個人タクシーであれば、労働時間は比較的自由に決めることができます。お昼に自宅に帰ることも可能です。しかし固定給を得られるわけではないので、仕事をすればするほど収益を上げることができます。会社に所属している場合には、シフト制になっていることが多いです。

労働時間の管理も会社の仕事の1つです

記事のイメージ画像

近年、労働時間がかなり超過をしていると、労働基準監督署より是正勧告がされることが増えてきました。ストレスを感じ、大きな疾患を発症してしまうリスクも高まります。そこで出来るだけ負担を減らそうという動きがあります。タクシードライバーなど時間に関係がない職種でも基本的な勤務時間は決まっています。極端に10時間労働が毎日続くというようなことはありません。過重労働にならないように配慮はされています。また夜勤があっても翌日は休みというようにバランスも考えられているので、安心できます。体に負担がかからないように設定されています。

地域によっても多少変わってくることがあります

タクシーの需要は地域によってもかなり違いがあります。観光地などでは利用者も多いので、労働時間も長くなりがちです。遠方まで行かなければいけない、ということもあるでしょう。しかし長距離ともなると、収入はかなり増えるので1度の乗車でも大きな利益に繋がります。勤務終了時間も大体予想をすることができるでしょう。会社に勤務をしている場合には、会社にタクシーを戻すまでが仕事です。遠方の場合には、戻りの時間も遅くなります。ただしその時間も勤務時間には含まれるので、残業代などはしっかりと出るようになっているはずです。

まとめ

タクシーの運転手の勤務時間は地域によっても多少の違いがあります。需要が高いエリアであれば、長くなってしまいますが、それでも残業代は出ることになっているので安心をして勤務をすることができるようになっています。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


PAGE TOP