タクシードライバーの平均年齢とは

タクシードライバーの平均年齢とは

タクシードライバーは、高年齢化が進んでおり、平均年齢は50歳前後と言われています。だからこそ、20代から30代の若い人たちは重宝されるので、少しでも興味があるならチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

高年齢化が進むタクシー業界では

タクシー業界では、高年齢化が進んでいます。平均年齢に関しては50歳前後となっているので、若い年齢が求められる業界とも言えるでしょう。実際に、若返りを狙っている企業は多いといえます。なので、20代から30代の人たちにとっては、非常にありがたい状況です。タクシードライバーは、努力次第では大きく稼ぐことができる職業なので、やりがいを感じられるでしょう。ただ、昔に比べても非常に厳しくなってきたと言うのも事実です。しっかりとした体調管理、それから地理的な知識などが求められるので、そこだけはしっかりと自覚した上でチャレンジすることをお勧めします。必要な資格や突破しなければならない試験なども把握しておきましょう。

自動第二種免許を取得するのが必要最低限

タクシードライバーとなるには、自動第二種免許が必須となります。第1種免許を3年間保持していれば取得が可能なので、50歳以降なら問題なく取得が可能な場合がほとんどです。ただ、20代の前半などになると、年齢的に満たしていないこともあります。そこだけは注意して職場を選ぶようにしましょう。条件を満たしていれば、会社で取らせてくれる場合がほとんどです。その場合、会社が免許を取得するときの費用を負担してくれます。なので、その辺に関しても心配は必要ないでしょう。また、会社によっては地理試験を受けるように導いてくる場合もあります。突破しなければ採用にならない場合もあるので、気をつけておきたいところです。

ベテランからの話を聞くことが可能な業界

若い人たちは、タクシードライバーの業界に入ると、それだけで可愛がられます。ベテランから稼ぐノウハウなどを聞けるので、素直に話を聞いておきましょう。最近は、タクシー会社の品質も向上してきたので、人間関係も問題ない会社が多いです。年齢を重ねた人とも和気あいあいで仕事ができるケースが多いとも言えるので、若い人たちも安心して入っていける業界といえます。平均年齢は高いものの、東京都内で少し工夫をすれば、年収500万円程度は普通に狙うことが可能な職業だと言えるでしょう。 50代や60代の人だけではなく、20代30代の若い人から見ても非常に魅力的な職業なので、ぜひとも経験しておきたいところです。

まとめ

タクシー業界の平均年齢から考えると、年齢が若いだけで重宝されるのは当然のことです。20代や30代の人は、大きなチャンスのある業界だということを強く自覚し、興味のあるうちにぜひともチャレンジをしてみましょう。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像