タクシードライバーにも年齢制限がある?その理由とは

タクシードライバーにも年齢制限がある?その理由とは

20代や30代でタクシードライバーを目指している人もいるのではないでしょうか。その中で何歳くらいまで働くことが出来るのか疑問に思っている人もいるでしょう。ここではタクシードライバーの年齢制限について詳しく紹介しているので参考にして下さい。

年配の方でも働きやすいタクシードライバー

タクシードライバーとして活躍している人がたくさんいますが、比較的年配の方のドライバーに出会うことが多くあります。そこで気になるのがタクシードライバーとして働く場合の年齢制限です。20代や30代の方でこれからタクシードライバーとして働く場合、長く働きたいと考えて際にやはり年齢は気になります。このタクシードライバーは比較的年齢が上の方でも活躍しやすい職種です。長く運転すればその分運転の技術力も上がりますし、基本的には年齢制限がない職種ではないでしょうか。運転免許さえ持っていればその他の資格も必要がなく、実力次第で売り上げを伸ばすことが出来るのでおすすめです。

視力や体力面で問題無ければ年齢に関係なく働ける

年齢制限が無いとはいえ、永遠に働き続けることが出来るというわけではありません。タクシーを運転するということはお客さんの命を預かる仕事です。その為、運転する上で何か支障が出る様では問題です。年齢が上がることで、例えば視力が弱くなってしまったり判断能力が薄れてしまう場合もあるでしょう。その様な状態での運転は危険になる為、ある程度の限度というものがあるのではないでしょうか。ただし、視力や体力的に問題がなく、運転に支障が出ない状態であればある程度の年齢まで働くことが出来ますし、再就職先として50代や60代の方でもこの仕事を選ぶ方も多くなっています。

タクシードライバーは法的にも年齢制限がない職種

タクシードライバーは法的にも特に年齢制限がありません。他の職種から転職をしてくる年配の方も多く、年齢関係無く働きやすい職種ではないでしょうか。実際に、70代でも運転している方もいる様に、年齢というよりは年齢と共に衰える体力や視力の問題が大きく関係してくる仕事です。きちんと安全に車を走らせ、目的地にたどり着くことが出来ればある程度の年齢まで働き続けることが出来ます。しかし例えば65歳が定年で、それ以降は嘱託など、年齢によって雇用形態を変えているところもあるので注意が必要です。比較的長くドライバーとして働き続けることが出来る職種なのでおすすめです。

まとめ

タクシードライバーとして働く場合、基本年齢制限がありません。しかし、体力的や視力的に問題がある様な状態では安全運転することが出来ない為、働くことが出来ません。その様な状態でなければある程度の年齢まで長く働くことが出来るのでおすすめです。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


PAGE TOP