タクシードライバーは歩合制のほうが稼げる?

タクシードライバーは歩合制のほうが稼げる?

タクシードライバーの世界は、給料体系が会社によって大きく変わります。基本的に、歩合制の方が稼げるので、できるだけ歩合の占める割合が多い会社を選んでみましょう。その分仕事が大変になりますが、大きくやりがいを感じられます。

やりがいを求めているなら歩合制の会社にするべき

タクシードライバーになり、大きく稼ぎたいと感じているのであれば、歩合制の会社が非常にお勧めです。実際に歩合制度を設けている会社はとても多く、基本給だけの会社よりも大きく稼ぐことが可能だと言えるでしょう。選ぶ場合は、歩合の割合の多い会社を選ぶことが大事だといえます。それにより、やればやるほど大きなお金を受け取ることが可能です。固定給は確かに安定するものの、固定給だけだと、全国的に見ればタクシードライバーの平均年収は300万円前後にとどまっているため、物足りないでしょう。ここに歩合が加わることにより、かなり稼げるようになります。この仕組みをしっかりと理解して、理想的な給料を受け取れる会社を選ぶことが大切です。

給料体系を先に必ず確認すること

歩合の割合、そして固定給の金額等といった具合に、会社によって大きく給料が異なるのが、タクシードライバーの世界です。だからこそ、先に給料体系をチェックすることが大切だと言えるでしょう。歩合制にしても、売り上げの何割を受け取ることができるのかが分からなければ、モチベーションに直結しないです。求人情報の中身を確認し、条件を確かめておくことをおすすめします。それから面接に向かっても遅くないでしょう。もちろん、面接で採用担当者に聞いておくと言うのも、悪くない判断です。どちらにせよ、給料が全てではありませんが、稼げる現場でなくてはやる気も出ないので、非常に重要な要素といえます。

まずはノウハウを理解することが大切

確かにタクシードライバーは歩合制の方が大きく稼ぐことが可能です。ただ、ノウハウは理解しなければならないので、覚えておきましょう。仕事を始める前に、説明会に参加したり、前もって求人サイトから情報を得たりして、工夫する必要があります。特に地理的な知識は必要不可欠となるため、できるだけ早めに勉強しておきたいところです。会社によっては、地理試験が必須のところもあるので、必要だと感じたら取得しておきましょう。合格率が50%前後となっているのでなかなかに厳しい試験ではありますが。だからこそチャレンジする価値はあります。合格すれば、面接に向かう段階で、説得力も出てくるはずです。

まとめ

タクシードライバーは、歩合制の方が稼げる職業です。会社によって給料体系が違うため、後悔しないためにも前もって確認してから就職することが大事だといえます。努力次第でとことん給料アップが目指せるので、やりがいを感じられるでしょう。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像