正社員のタクシードライバーの収入について

正社員のタクシードライバーの収入について

タクシードライバーの正社員募集をチェックしている人は、最初に年収を確認すべきだといえます。収入が全てではありませんが、収入が良くなればやる気を高めることが出来るのも事実です。1番先に確認しておくと良いでしょう。

できるだけ収入の良い職場を選ぶこと

タクシードライバーとして正社員になる予定の人は、職場の基本給をチェックしておくべきだといえます。やはり1番最初に年収が気になるはずなので、真っ先に調べておいた方が良いでしょう。大手の企業であれば年収が多くなるのも事実なので、極力上を目指しておきたいところです。ただ、大手企業になれば、その分多くの知識や経験が求められるので、注意が必要となります。ちなみに、タクシードライバーになるには、普通第一種免許で3年間が経ち、その後第二種免許を取得する必要があるでしょう。会社で取得させてくれるので、その点に関しては特に問題はないです。

平均的な年収などを確かめてから動く

ちなみに、タクシードライバーの平均年収に関しては、300万円そこそこと言われているので、覚えておきたいところです。ただ、稼ぎ方のノウハウがわかっているドライバーは、東京都内で平均年収の場合は稼げるようになるでしょう。それほどまでに、仕事ができる人と、そうでない人の差が激しい職業ともいえます。実際に稼ぐためのノウハウと言うのは、現場で先輩から教えてもらうことも可能ですし、働く前に特定のエージェントから習うことも可能です。各地で行われているタクシー業界の説明会などに参加するのも悪くない判断だと言えるでしょう。色々と工夫することで、勉強するチャンスは大いにある業界だといえます。

大手企業で働くなら条件をクリアすべき

基本給ができるだけ高く、歩合の割合に関してもできるだけ多い所が理想的です。そんな条件の良い大手企業で働く場合、働くための条件を確認することが大事だと言えるでしょう。タクシードライバーとして正社員で働くなら、どんな資格や実績が必要なのか、先に確認しておくと楽になります。地理的知識があると言うことを証明する手段が必要なので、大前提として地理試験は合格しておくことが大事です。大手のタクシー企業であれば、強制的に試験の突破を求められることがあるでしょう。かなり難しい試験ですが、勉強にもやりがいを感じられますし、突破したら自分にも大きな自信を持つきっかけになります。

まとめ

タクシードライバーとして正社員で働くなら、年収をアップさせるための工夫が必要だといえます。歩合制の職場でいかに多く稼ぐことができるか、そこが大きなポイントになってくるでしょう。ノウハウをまずは勉強しておきたいところです。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像