タクシードライバーに転職したい!年齢は引っかかるのか

タクシードライバーに転職したい!年齢は引っかかるのか

近年、タクシードライバーになる人がけっこう増えています。これにはさまざまな理由が考えられますが、この職業に就きやすいという理由が一番大きいのではないでしょうか。こうした転職で気になるのが年齢です。ドライバーになるには年齢はどの程度重要視されるのでしょうか。

ドライバーの人材不足から入社しやすい状況にある

記事のイメージ画像

今、全国的にドライバーという職業が不足していることは、さまざまな求人情報が出ていることからも容易に分かることです。中でもタクシードライバーの業界では慢性的なドライバーの人材不足が深刻な問題となっています。しかし、その反面、この職業はかなり幅広い年齢層に人気の職業であることも事実です。タクシードライバーが人気の理由として挙げられるのは、ます入社しやすいということでしょう。人材不足ですからやりたいという人がいれば比較的簡単に就職することができます。それから他の職業と比べても気楽に仕事ができるという点も大きいのではないでしょうか。

タクシードライバーへの転職は中高年の方でも大丈夫

前述したようにタクシードライバーへの転職は、肝心のドライバーの人材不足によってその採用のハードルは比較的に低いという事実があります。これは言ってみれば年齢に関係なくできる職業と言えないこともありません。事実、さまざまな求人情報サイトや求人情報誌を見れば分かるように、40代や50代の中高年の求人が多いことに気付くはずです。タクシードライバーという仕事は、あたりまえのことですが、お客を乗せるサービス業です。ドライバーを採用する会社側からすると、お客様への対応が行き届かないような若い年代よりも、人生経験が豊富で寛容な中高年の方が適性があると考えている節もあるのかもしれません。

年齢に関係なくできる仕事でも健康状態は重要

全国的にドライバー不足が叫ばれている現代にあって、タクシードライバーは年齢に関係なくできる仕事だと言うことができるでしょう。しかし、実際にドライバーになるためには必要な条件もあります。たとえば、二種免許ですとか健康状態などです。これが欠ければやはり仕事は難しいでしょう。確かに現在の状態ではタクシードライバーに年齢は関係ないと言えるのですが、今、そこら中で高齢者ドライバーによる事故が多発しています。そんな中、やはり視力や聴力、また動作といった運転に必要な健康状態というものが少しでも欠けていればドライバーは難しいです。タクシー会社ではこの点を厳しくしています。

まとめ

今、タクシードライバーは慢性的な人材不足から、年齢に関係なく条件さえ満たせば誰でもできる仕事として人気です。求人もかなり多い。しかし、やはり運転という重要な仕事になりますから、身体の健康状態は最重要視されます。

●どこの会社に応募していいかわからない場合には、会社選びも手伝ってくれます。

【タクQ】若者のタクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像


PAGE TOP